SUV、人気車種のエクステリアを比較

SUVの人気は、ここ数年で一気に伸びてきているようなイメージがあります。というのは、街中でよくSUVを見かけるようになったことと、高級車メーカーがこぞってSUVを出すようになってきていますね。

実際に売上に関するデータも伸びてきており、特に意識をしているわけでもないのに、「最近、街中でよくSUVを見かけるな」と思っておられる方も多いのではないかと思います。SUVというのは、「Sports Utility Vehicle」という言葉の頭文字を取った言葉となっており、日本語に訳すと「スポーツ用多目的車」といった意味になるのだそうです。

クルマには様々なエクステリアが存在しますが、やはりSUVのエクステリアの特徴というのは、その大きな車体とタイヤ、高い車高といった迫力ある見た目ですよね。

大きなタイヤなどは特に、路面状況の悪い場合でもグイグイと走るイメージがあり、とても格好良い印象を受けます。今回はそんなSUVのエクステリアについて、人気車種を比較してみたいと思います。

SUVのエクステリアも、スマートなのが人気?

SUVのエクステリアというのは、誰もが一度見たら覚えてしまうハッキリとした特徴を持っていますよね。セダンやハッチバックといった言葉をはっきりと説明できない人であっても、SUVであれば「ああ、あのタイヤの大きなオフロードっぽい車でしょう?」と説明できてしまうのではないかと思います。

ただそれでは少しザックリとしていますので、具体的に、どんな特徴を持つクルマをSUVというのかについてご紹介をしてみたいと思います。

まずSUVは「Sports Utility Vehicle」の略語ですが、ここで言うスポーツというのは、スポーツカーのように車で走ることそのものをスポーツと呼んでいるのではありません。

ここのスポーツというのは、スキーやキャンプ、サーフィンといったような、「スポーツに行くためのクルマ」という意味で使われています。ですので、SUVというのは、そういったスキーやキャンプ、サーフィンに行く際に、荷物を積むのに適したクルマという事になります。

そういった事から、もともとのSUVというのは「しっかりと荷物が積めて、路面が悪い状況でもグイグイ走る」という車を指していましたが、最近ではとてもスマートなエクステリアのSUVも登場してきています。たとえば日産のジューク、マツダ CX-5といったモデルの車は、とてもスマートで洗練されれたオシャレなイメージもありますよね。

やや高級車といったイメージも持っているSUVとしては、トヨタのハリアーといった車も挙げられます。このように元々はもっと武骨でワイルドなイメージだったSUVも、最近ではコンパクトSUVやクロスオーバーSUVといった新たなタイプも登場し、エクステリアはどんどん洗練されたスマートなものになってきています。

SUV のエクステリア、実は「ロック魂」が発祥?

もともとSUVというのは、何から始まったのでしょうか?

その歴史の流れをチェックしていると、政府や国に対する反抗心、「反社会」「ロック魂」といったイメージの言葉が次々と出てきます。具体的にSUVは、1960年代のアメリカで誕生したのだそうです。

その始まりは、「既存の文化・社会体制に反感を持ったヒッピーたち」だったということで、彼らが、なんと日本製のピックアップトラックの荷台に「シェル(FRP製のハードトップ)」を載せ、南カルフォルニアの砂漠地帯で生活したことが起源なのだそうです。

つまり、貧富の差であったり、社会や政治に対する反感の感情から、街での生活を止めて砂漠へ行ったわけですね。

ですのでSUVというのは荷物を多く積めて、しかも悪路での走行にも耐えられるように四輪駆動である必要があったのです。当然、燃費は悪くなりますし、エクステリアは大きなタイヤに高い車高という形に自然となりますね。

そんな流れを持ったSUVが、一般の人たちの目に留まって人気を高めてきた結果、現在のSVUというジャンルが確立されてきたのです。

SUV のエクステリア、変わってきたそのイメージとは

先述の通り、もともとは社会に反感を持ったアメリカ人が、砂漠での生活を始めるために乗り始めた車であるSUVは、歴史の流れの中でその姿を次第に変えていきました。

特に日本という国には、砂漠はありませんので、必ず四輪駆動である必要もなく、次第に流線形でオシャレなデザインのものが売れる傾向になってきています。

もちろん豪雪地帯ではSUVがSUVとして役立つ側面もありますし、スキーやキャンプ、サーフィンといったスポーツによく行かれる方は、現実にSUVが役立つということから、昔ながらの迫力あるSUVに根強い人気があります。ただ全体の流れとしてはSUVも、オシャレで洗練されたエクステリアが好まれる傾向となってきています。

SUV 、エクステリアで選ぶならオススメは?

まず、SUVを本来のSUVとして選びたい方は、トヨタのランドクルーザーや、スバルのフォレスターが人気です。また、スズキのジムニーや、三菱のパジェロミニは、軽のSUVとして今でも根強い人気があります。

日本という国は、細い道や坂道が多いと言われていますので、こういったコンパクトで操作性が良い軽のSUVというのも、一定の人気がありますね。

特にスズキがハスラーという車を発表しましたが、その発表後、いきなり街のいたるところでハスラーを見かけるようになったという方もおられると思います。

ですのでSUVは、本来の大きなSUVを求めるのか、それとも軽自動車にするのか、あるいはもっと洗練されたデザインを求めるのかで、オススメが変わってきますね。

まとめ

SUVのエクステリアについて、ご紹介をしてきましたが、やはりSUVというのは歴史の流れや用途が、そのままエクステリアに出てくる特徴があります。

何をSUVに求めるのかによって、同じSUVでも大きくエクステリアが変わりますので、ぜひ目的に合わせて、じっくりと選んでいただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です