SUV、だんだんと7人乗りが当たり前になる?

SUVに対するニーズとして高まってきているのが「7人乗りのモデル」です。

そもそもSUVというのはどういったニーズに応えるモデルの車なのかというと、基本的にはアウトドアを楽しむということになります。SUVという言葉がそれをそのまま表しており、「スポーツ・ユーティリティー・ビークル(Sport Utility Vehicle )」の頭文字を取ったのが、SUVなのですね。

日本語にすると、スポーツ用多目的自動車、といったニュアンスになります。具体的には、スキーやサーフィン、キャンプといったアウトドアを楽しめる、多目的の自動車ということですね。

すでにお気づきかもしれませんが、SUVの意味する「スポーツ」というのは、クルマの走りそのものを楽しむ意味でのスポーツではなく、人間が楽しむアウトドア系のスポーツを差している言葉となっています。

なぜこのような前置きをしたのかというと、つまり「室内空間の広さ」というのが必要になってくるのです。しかもそれだけではありません。

スキーやサーフィン、キャンプといったアウトドアを楽しむ際に、やや路面状況が悪い道を走行する可能性というのも、十分に出てきます。そういった道でもしっかりと走れる走行性能を備えておかなくてはいけません。さらに今の時代、「家族や仲間との時間を大切にしよう」という価値観が高まってきている事もあって、たくさんの人数で乗れること、という部分も求められるようになってきています。

これらをまとめると、「しっかり走って、荷物もたくさん積めて、人もたくさん乗れるSUV」というのが、求められるようになってきているのですね。そういった事から7人乗り3列シートのSUVが注目されつつあるという状況になっています。

もともとSUVは、何のためのクルマだったの?

もともとSUVというのは、何のためのクルマだったのかというと、砂漠を走行するためのクルマというのが始まりだったと言われます。

つまり、スポーツやアウトドアといったレジャーではなく、どちらかと言えばサバイバルに近いイメージですね。そのため、排気量も大きめで、タイヤも大きく、4WDであることが必要ともされてきました。

人も多く乗せる必要がある訳ではなく、砂漠で暮らす人たちが街に買い物に行くための移動手段として使っていた改造車がSUVの始まりだということですね。そういった「悪路走行が可能である事」といった部分が、時代の流れに合わせて変化をしてきて、さらに日本へも入ってくるようになって、現在の形に進化してきたという流れとなります。

SUV7人乗りで人気なのはコチラの車種

日本のSUV7人乗りというのは、まだ少ない状況となっているのですが、日産がエクストレイルをフルモデルチェンジした際に、3列シート7人乗りが新たに発表されました。

このエクストレイルの進化の仕方には、時代の流れを感じた方も多いのではないかと思います。というのはもともとエクストレイルというのは、日産を代表する本格派のSUVというイメージが強くあったと思うのですが、それが2013年の3代目に進化する際には、オンロード向けの要素を備えたクロスオーバーSUVとして登場したためです。

3列目シートを備えた7人乗りであったり、ハイブリッドモデルであったりと、これからのSUVの流れを先取りにしたようなモデルとなっていますね。

それ以外に7人乗りとなると、トヨタのランドクルーザーが代表的です。

こちらは完全なる本気のSUVとなっており、日本国内でも豪雪地帯や雪山といった悪路で、その性能をいかんなく発揮してグイグイと進んでくれるモデルです。

海外での評価も高く、実際に砂漠地帯でも使われていますね。さらには三菱のパジェロですが、こちらも本格的なSUVとして人気があり、シートは3列仕様となっています。

スタイリッシュで7人乗りのモデルがカッコイイ

7人乗り3列シートのSUVをチェックしていて感じるのは、まだまだスタイリッシュなモデルでの7人乗りが少ないという部分です。実際、さほど悪路走行といった部分を考えないでいいのであれば、ミニバンやステーションワゴンという選択肢もあります。

たとえばカローラフィールダーやシエンタ、あるいはセレナやステップワゴンなどなど、3列シートで7人乗りのクルマは他にもたくさん存在していますね。しかしそれらの車種というのは、あくまで「家族での街中での走行」というのが主です。

たとえば買い物であったり、幼稚園の送り迎えであったり、郊外への買い物や、旅行ですね。あまりアウトドアということは想定されていません。

ですので、アウトドアを楽しみつつ、日常の使用でも便利で、しかも3列シートの7人乗りで、スタイリッシュなSUVというのは、今後どんどんニーズが高まって来るのではないかなと感じます。

7人乗りのSUV、燃費はどうなる

7人乗りのSUV、燃費はどうなるのかといった部分も心配になりますが、もっともスタイリッシュなモデルと言ってもよい日産のエクストレイルについては、ハイブリッドタイプも登場していて、非常に燃費が良くなっています。

対するランドクルーザーやパジェロといった車は、本気のSUVというコンセプトですので、バランスとしては燃費よりも馬力、トルクといった部分になっています。今後は、もっとスタイリッシュで燃費も良く、それこそ進化していったミニバンのようなイメージで、燃費のよい7人乗りのSUVが登場するのではないでしょうか?

まとめ

現在のSUVでは、7人乗り3列シートというのはある程度、選択肢が狭まってしまうという現状があります。そのため、カローラフィールダーといったステーションワゴンとの比較検討というのをされる方も多いのではないかと思います。

最近のカローラフィールダーのCMは、アウトドアを意識する内容となっていますが、こういったSUVについての人気といった流れが影響しているのではないでしょうか。ただ今後は、ハイブリッドで7人乗りといったSUVが増えそうな印象があります。今後も最新情報をチェックしておくのが良いかもしれません。

参照サイト:【SUVらいく】SUVが気になる方のためのサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です