SUV、人気車種のエクステリアを比較

SUVの人気は、ここ数年で一気に伸びてきているようなイメージがあります。というのは、街中でよくSUVを見かけるようになったことと、高級車メーカーがこぞってSUVを出すようになってきていますね。

実際に売上に関するデータも伸びてきており、特に意識をしているわけでもないのに、「最近、街中でよくSUVを見かけるな」と思っておられる方も多いのではないかと思います。SUVというのは、「Sports Utility Vehicle」という言葉の頭文字を取った言葉となっており、日本語に訳すと「スポーツ用多目的車」といった意味になるのだそうです。

クルマには様々なエクステリアが存在しますが、やはりSUVのエクステリアの特徴というのは、その大きな車体とタイヤ、高い車高といった迫力ある見た目ですよね。

大きなタイヤなどは特に、路面状況の悪い場合でもグイグイと走るイメージがあり、とても格好良い印象を受けます。今回はそんなSUVのエクステリアについて、人気車種を比較してみたいと思います。

SUVのエクステリアも、スマートなのが人気?

SUVのエクステリアというのは、誰もが一度見たら覚えてしまうハッキリとした特徴を持っていますよね。セダンやハッチバックといった言葉をはっきりと説明できない人であっても、SUVであれば「ああ、あのタイヤの大きなオフロードっぽい車でしょう?」と説明できてしまうのではないかと思います。

ただそれでは少しザックリとしていますので、具体的に、どんな特徴を持つクルマをSUVというのかについてご紹介をしてみたいと思います。

まずSUVは「Sports Utility Vehicle」の略語ですが、ここで言うスポーツというのは、スポーツカーのように車で走ることそのものをスポーツと呼んでいるのではありません。

ここのスポーツというのは、スキーやキャンプ、サーフィンといったような、「スポーツに行くためのクルマ」という意味で使われています。ですので、SUVというのは、そういったスキーやキャンプ、サーフィンに行く際に、荷物を積むのに適したクルマという事になります。

そういった事から、もともとのSUVというのは「しっかりと荷物が積めて、路面が悪い状況でもグイグイ走る」という車を指していましたが、最近ではとてもスマートなエクステリアのSUVも登場してきています。たとえば日産のジューク、マツダ CX-5といったモデルの車は、とてもスマートで洗練されれたオシャレなイメージもありますよね。

やや高級車といったイメージも持っているSUVとしては、トヨタのハリアーといった車も挙げられます。このように元々はもっと武骨でワイルドなイメージだったSUVも、最近ではコンパクトSUVやクロスオーバーSUVといった新たなタイプも登場し、エクステリアはどんどん洗練されたスマートなものになってきています。

SUV のエクステリア、実は「ロック魂」が発祥?

もともとSUVというのは、何から始まったのでしょうか?

その歴史の流れをチェックしていると、政府や国に対する反抗心、「反社会」「ロック魂」といったイメージの言葉が次々と出てきます。具体的にSUVは、1960年代のアメリカで誕生したのだそうです。

その始まりは、「既存の文化・社会体制に反感を持ったヒッピーたち」だったということで、彼らが、なんと日本製のピックアップトラックの荷台に「シェル(FRP製のハードトップ)」を載せ、南カルフォルニアの砂漠地帯で生活したことが起源なのだそうです。

つまり、貧富の差であったり、社会や政治に対する反感の感情から、街での生活を止めて砂漠へ行ったわけですね。

ですのでSUVというのは荷物を多く積めて、しかも悪路での走行にも耐えられるように四輪駆動である必要があったのです。当然、燃費は悪くなりますし、エクステリアは大きなタイヤに高い車高という形に自然となりますね。

そんな流れを持ったSUVが、一般の人たちの目に留まって人気を高めてきた結果、現在のSVUというジャンルが確立されてきたのです。

SUV のエクステリア、変わってきたそのイメージとは

先述の通り、もともとは社会に反感を持ったアメリカ人が、砂漠での生活を始めるために乗り始めた車であるSUVは、歴史の流れの中でその姿を次第に変えていきました。

特に日本という国には、砂漠はありませんので、必ず四輪駆動である必要もなく、次第に流線形でオシャレなデザインのものが売れる傾向になってきています。

もちろん豪雪地帯ではSUVがSUVとして役立つ側面もありますし、スキーやキャンプ、サーフィンといったスポーツによく行かれる方は、現実にSUVが役立つということから、昔ながらの迫力あるSUVに根強い人気があります。ただ全体の流れとしてはSUVも、オシャレで洗練されたエクステリアが好まれる傾向となってきています。

SUV 、エクステリアで選ぶならオススメは?

まず、SUVを本来のSUVとして選びたい方は、トヨタのランドクルーザーや、スバルのフォレスターが人気です。また、スズキのジムニーや、三菱のパジェロミニは、軽のSUVとして今でも根強い人気があります。

日本という国は、細い道や坂道が多いと言われていますので、こういったコンパクトで操作性が良い軽のSUVというのも、一定の人気がありますね。

特にスズキがハスラーという車を発表しましたが、その発表後、いきなり街のいたるところでハスラーを見かけるようになったという方もおられると思います。

ですのでSUVは、本来の大きなSUVを求めるのか、それとも軽自動車にするのか、あるいはもっと洗練されたデザインを求めるのかで、オススメが変わってきますね。

まとめ

SUVのエクステリアについて、ご紹介をしてきましたが、やはりSUVというのは歴史の流れや用途が、そのままエクステリアに出てくる特徴があります。

何をSUVに求めるのかによって、同じSUVでも大きくエクステリアが変わりますので、ぜひ目的に合わせて、じっくりと選んでいただければと思います。

SUV、インテリアはどう変わってきたのか?

SUVという車は、もともとアメリカで生まれました。社会体制や政治といった国や社会に対する反抗心を持った人々、「ヒッピー」と呼ばれる人が1,960年代に登場したのですが、彼らが日本製の小さなピックアップトラックを改造して、南カリフォルニアの砂漠で生活を始めたそうなのです。

ただ、砂漠で生活を始めたと言っても、まさか砂漠で野生の動物を狩りするなどして生活をしたという訳ではなく、買い物は町まで行って、あくまで生活拠点を砂漠にしたというイメージですね。

そのため、改造された日本製のピックアップトラックにヒッピー達が乗っているのを、街に暮らす人たちは見かける訳です。そんな流れで一般のアメリカ人からも支持されるようになり、現在の地位を築き上げるに至りました。ですのでもともとのSUVに、インテリアについて乗り心地というのはほとんど求められなかったのです。

どちらかといえば、たくさんの荷物を積んで悪路を走行できる走行性能であったり、荷物をたくさん積んでも人が乗れるような室内空間の広さというのが求められました。

そんなSUVのインテリアは、時代の流れとともにだんだんと「機能性」が求められるようなっていきます。

つまり、本気で砂漠で生活をするためではなく、都会を離れて自然の中で暮らすことを一時的に体験ができるキャンプなどで使われるクルマになっていったのです。

その他にもスキーやサーフィンといった、自然と触れ合う時に使えるクルマとして、SUVは進化、進歩していきました。そのためSUVのインテリアは、防水性であったり、広い室内空間というのがの特徴の一つとなっています。

SUVにも「乗り心地」が求められる時代になった

SUVの歴史の流れを見ていると、とにかく状況の悪い道でもしっかりと使える走行性能や、大きいタイヤでグイグイ走る必要があることから、機能性を備えたエクステリアに重点が置かれていたことが分かります。

しかし現在はどうなっているのかというと、「その精神、魂を受け継ぎつつ、現在の状況に合わせて進化している」というイメージとなっています。具体的に日本で考えてみると、分かりやすいかもしれません。

日本は実際に豪雪地帯があったりと、SUVがSUVとしてそのまま活用される地域もあります。しかしその一方で、SUVとしての機能をさほど必要としないエリアも多く存在します。東京や大阪、名古屋、福岡といった都会エリアでは、砂漠はもちろん存在しませんし、そもそもアスファルトで整備されていない道自体がほとんど存在しないのです。

そんな条件の街で、大きなタイヤであったり高い車高が必要かと言われれば、答えはNOですね。しかし、「自然の中でしっかり走れる車」という魂、精神というのは、誰もが心惹かれる部分もあるのではないでしょうか。そこで、SUVの精神や魂が感じられるエクステリアの基本的なデザインはそのままに、街で乗り心地が良いインテリアというのが、求められるようになってきています。

まるで高級車さながらとなってきた、SUV のインテリア

SUVのインテリアをチェックして感じるのは、その高級感です。

たとえばトヨタのハリアーのインテリアをチェックしていると、何も知らない状態でインテリアの写真だけを見せられたら、高級セダンかと勘違いをしてしまいそうなほど、落ち着いて洗練された仕上がりとなっています。

マツダのCX-5や、HONDAのヴェゼルといった車をチェックしていても、最近のモデルではインテリアまでしっかりと作り込まれています。かつて日本の小さなピックアップトラックを改造して砂漠で暮らしていたアメリカ生まれのSUVからすれば、圧倒的な進化を遂げ、乗り心地が良くオシャレであることが当たり前となっていますね。

また、本来のSUVに近いトヨタのランドクルーザーや、三菱のパジェロといった車は、シートが3列となっていて、とても広い室内空間が確保されています。

SUVのインテリアは狭かった?

先述の通り、最近のSUVというのは室内空間に余裕があったり、シートの座り心地が良かったりと、乗り心地の面で驚くほどの進化を遂げています。

もともとSUVというのは、日本の小さなピックアップトラックを改造して使っていた歴史を想像してみても、狭かったのではないかというイメージがあります。

とにかく荷物を積むことが目的として大きかったことから、室内空間は広かったと思いますが、それはあくまで荷物を積むためで、人間のための広さではなかったというイメージですね。その後、一般の人達にもSUVは人気が出てきたのですが、スポーツのための荷物を積めることというのが求められるインテリアの目的でした。

それが今では、ミニバンと同じように「人にとっても心地よいインテリアである事」というのが求められるようになってきています。

SUV 、インテリアで選ぶ際に気を付けること

SUVのインテリアで気を付けておきたいのは、いくら室内空間が広くなったとは言っても、やはりミニバンとは違う、という部分です。

そもそも車高が高いSUVは、いくら車自体の高さがあっても、室内空間はそれなりとなってしまいます。もちろん実際によくキャンプなどに出かけるアウトドア派の家族にはこれ以上ないほどマッチするSUVですが、あくまでインテリアの質の高さや、室内空間ん広さを最優先にするのであれば、SUVは気を付けて選ぶ必要があるのかなと思います。

まとめ

SUVのインテリアを見てみましたが、やはりポイントとなるのは、車に求める用途です。

たとえばSUVとしての魂や精神を受け継ぎ、機能的に求めるものが乗り心地である場合と、SUVを本来のSUVとして選びたい豪雪地帯の方とでは、インテリアに求めるものも変わってくると思います。

SUVこそまさに、用途によってしっかりと車種を限定していく方が良いクルマだと言えますね。